About us

GreetingsJapanese

Head of Middle School:Morten Vatn
Morten Vatn

I would like to welcome you to the website of Tokyo West International School (TWIS.) We are located in Hachijo City, Tokyo. Unlike many perceptions about this vast and populated city, TWIS is nestled between farmland, trees, and greenery. We have school farm, a full size heated lap pool, gymnasium, and a premier athletics ground. Additionally, our well-equipped classrooms, library, and labs address all the needs of curious students. Our diversified student body, coupled with a staff representing multiple countries, gives our school a rich global connection. TWIS is the perfect educational choice to foster world citizens while building a community of lifelong learners.

TWIS was founded in 2010 and has grown to its present size of over 215 students in just a few years. In that short time we have acquired AdvancED accreditation. We are also in the process of being accredited by WASC and have been granted a candidate status for the International Baccalaureate’s Middle Years Program (MYP.) In a few short years, TWIS will be a fully accredited IB school featuring the PYP, MYP, and DP. Tokyo West International School is a growing school that is incorporating new exciting ideas of education along with traditional values.

TWIS is built upon innovation, discovery, and achievement. We are determined to offer our students a world class education in a small, yet global centric environment. Together with a strong curriculum, an outstanding faculty, and the dedication of our students and their families, Tokyo West International School is a leader in International Education.

Sincerely,

Morten Vatn
Head of Middle School

Our missionJapanese

1: Non-Japanese students who are living in Japan can learn all subjects through English. They will also learn the Japanese language at the same level as Japanese students during G1-G12. Through their experiences which are not only Japanese language but also Japanese culture, they will learn to understand and respect other cultures.

2: Japanese students who graduate from International kindergartens will be eligible to enroll in the Elementary, middle and High School. Not only will the students learn to speak, read and write at the native level of English but also the ability to understand and respect cultures other than their native culture. This will give them the tools to be able to become great leaders of the world in future.

Mission StatementJapanese

We Strive to Live Positive Lives Within Our Global Community.

LEAD:   Learn  Empower  Achieve  Dream   
The importance of having a dream: our slogan“LEAD”

“We get stronger by having a dream” is one of the slogans of JFA, the Japanese Football Association. A “dream” (an objective) is something that can spur us to work hard and learn new things. Also, on our way to achieving our dreams we get to overcome many problems and difficulties. No matter if our goals are always the same or changing over time: as long as we have a dream in our heart, we are able to grow and move forward.

We think that a school should be the first place where children can experience the importance of realizing their dreams, as it is deeply connected to their future. Before debuting into society, it is important for our children to experience many different things, learn from their mistakes and search for their future goals.

Our slogan “LEAD” is based on the goal of having our students’ dreams come true, and our whole school and its curriculums are based on this objective.

L.E.A.D. Learn, Empower, Achieve, Dream

Learn: improve the students’ knowledge and skills by having not only a variety of academic subjects, but also sports, music, events and other experiences.

Empower: use what we learnt to find and solve problems. This also nourishes our creativity so that it is possible to create new things and find efficient yet original solutions to our problems. We must keep in mind that to achieve this communications skills are very important: human is a social being by nature and needs to find strength by working with others.

Achieve, Dream: our goals make us stronger. I also think that building a strong bridge to our dreams makes us more willing to respect and help others, while being open to other point of views and cultures.

This is why our school should provide students experiences that cannot be found in other place. Our responsibility is not only to have our students learn, but also to show them how to concretely use their knowledge (empower). We want to raise creative students who can find their own solutions, their own way into society but at the same time respect and help others. We want to raise students who can communicate and work efficiently with others.

However, how is this possible through regular lessons? Let us take mathematical problems as an example: there are different ways to solve the same problems, but it is important to have our students share and discuss their own solution. This helps improving not only the students’ thinking, but also their communication and presentation skills. Accepting other people’s ideas is also essential in this process.

In science experiments, we start by building up a hypothesis and think about ways to verify it. We do not follow fixed procedures, but we try to create our own. In case of failure, we have to review the whole process and look for our mistakes before trying again.

Language arts and Japanese not only help improving the students’ communication skills, but also their logical thinking through constant and constructive reading. This is why reading is one of our main focuses in the current school improvement plans.

In social studies, we can talk about our democratic society and the election system. Having elections is an obvious thing nowadays, but it is possible to have students think about the reason we have elections. Learning about the electoral system and the name of the president of each country is surely important, but it is even more important to understand the meaning of each institution.

This prevents students from accepting our society and its phenomenon as they are, so that they can think about ways to question and improve things.

Even a field trip can be an example. When going to a seaside field trip, we can have students think about why the sea is blue or why there are so many seashells on the beach. We can show them why fishes are able to breathe underwater and swim through the tides. Things that look obvious for an adult can be a new discovery for a child. That is why it is important to help them getting in touch with different environments.

Teachers should create a fun and stimulating learning environment. It is their responsibility to foster the children’s interest to learn and put 100% into their work, to recognize both their successes and failures. The actual lesson content is very different depending on the age level, but the environment should be the same.

The reason we chose IPC (kindergarten, elementary school) and IB (middle and high school) as our main curriculum is that they are deeply connected to our school mission. IPC shows the connection between many different subjects and helps us raising children who are seeking to learn more, while IB shows students how to create and coordinate their own plans. The school role is then to create an environment where this can be possible.

We believe that all our students will be able to get closer and closer to their dreams, as they will be able to overcome all the problems on their way. To raise such children is our concrete mission as a school, and all parents’ support is also essential.

LEAD structure

General overviewJapanese

KindergartenJpaanese

Kindergarten classes NEW

We will have three kindergarten classes, 3 years old class (K3), 4 years old class (K4) and 5 years old class (K5) for the academic year 2017. We will have maximum number of 20 students in each class and 6 full time teachers. Preschool (2 years old class) will start from September, 2017.

  K3 K4 K5
Capacity 20 20 20
6 full time teachers K3 homeroom teachers K4 homeroom teachers K5 homeroom teachers
2 teachers 2 teachers 2 teachers

Curriculum NEW

Our new curriculum will mainly focus on English, Mathematics, Physical Education, Music, Arts & Craft. Physical Education (PE), Music, Arts & Craft subjects will be taught by early childhood education specialist in the respective fields. Assistant teachers will also support them during these lessons. Especially in PE, apart from playing in the sandpit we will have special activities designed for young children.

1. English

We will continue teaching all classes in English except Japanese class. We will focus on pronunciation and acquiring communication skills.

2. Math

Students will not only learn the four basic arithmetic operations but will also learn about weight & volume, length & distance, time, regular and irregular shapes. 5 periods in a week (1 period will be about 30 minutes)

3. Physical Education (PE)

5 periods in a week including gymnastics and the ball games. Swimming lessons will be held twice a week only during summer season. (1 period will be about 30 minutes)

  • Gymnastics: Mat, horizontal bar, vaulting horse, jump rope week (3 periods in a week with a period about 30 minutes long)
  • Ball games: Throwing, catching, running such as soccer and dodgeball (2 periods in a week with a period about 30 minutes long)
4. Arts & Craft

Enjoying to make things by hand including handicraft (2 periods in a week with a period about 30 minutes long)

5. Music

We have plans to include keyboard, eurhythmics, kids drum from 4 year old class, ukulele from the 5 year old class in our lesson. (4 periods in a week with a period about 30 minutes long)

Yearly age wise class curriculum and goals will be announced by he end of February. We want our students to enjoy to the fullest and learn various things naturally without getting stressed. From 2016/17 academic year kindergarten will have separate PE and musical events, arts&craft event and visit to elderly nursing home. In addition to this as of April, 2016 a separate kindergarten indoor gym will be built on the third floor. In addition, from April 2016, and then opened a kindergarten dedicated indoor gym on the third floor school building.

Education Policy of TWIS Kindergarten NEW

Our education policy is to have children acquire the ability to find problems and solve them independently. We would like them to enjoy their life and nurture a rich heart to consider their family and friends.

Education Objectives and Major Subjects NEW

Firstly children learn basic life skills such as daily greetings and manner. We will support them to be able to think and take actions independently. By establishing good communication with family, we strive to improve the educational environment for children to enjoy their school life, respecting their personality and human rights.

We focus on English (Japanese), Arithmetic, Physical Education, Music, and Art. These are the main subject areas. It is said that in early childhood, children acquire the most part of the language ability for communication and necessary arithmetic skills. If children miss this initial chance of obtaining language comprehension ability, they will need much more time to develop the same ability later in their life. Therefore our school offers English and Arithmetic lessons every day. All the subjects except for Japanese Language are given in English. In English Language class, they learn basic skills of phonics, listening, speaking, reading and writing.

We also put special focus on Physical Education, Music and Art. A specialist in each subject takes charge in delivering lessons with the cooperation of homeroom teachers.

Along with free play time, children will be given two kinds of special lessons in daily P.E. class. One type of lesson is Gymnastics; a vaulting horse, mat, a horizontal bar, jump rope, and so on. The other is Ball Games; throwing and catching of big and small balls, soccer, dodge ball, and others. We also give them chances to play fun games so that they can naturally develop their inner muscle and agility. In summer, there will be swimming lessons in the afternoon.

As for Music, children will get close to a keyboard and a percussion instrument based on the most popular methods in the United States. They will establish a sense of pitch and rhythm naturally. In addition, the eurhythmics lessons are also given every week.

Regarding Art, we offer well balanced lessons in painting and crafts. We focus on the enjoyable lessons to keep each one’s uniqueness in the art production. Taking the subjects of nature in particular around the school, children will happily develop aesthetic sense in art. We are planning to carry out as many events on arts and sports as possible, such as Sports day, mini concerts, exhibitions, presentation of performance, and visiting city facilities.

There are many reports that these abilities in sports and arts can be also acquired in early childhood. In addition, physical education, music, the art are said to be the more effective communication tools than words. We really hope that children lead a positive life with efficient life and social skills, getting over difficulties and enjoy their life, making many friends. However, above all, through sports, art and music, we hope that children have spiritually fulfilled life in the future.

We would like to run our kindergarten as the place where children are eager to come every day to play with friends and enjoy lessons. Our main goal is to have children enjoy every moment at the school. We strive to improve our facilities and educational environment to maintain the highest quality in early childhood education.

Elementary schoolJpaanese

General overview of the curriculum, strengths and policies of our elementary school are as follows.

  • Language Arts (English), Japanese, Math, Science, Social Studies, Gymnastics, Swimming, Art and Music classes will be taught by licensed teachers and professionals in their respective fields. Instruction in all academic subjects is based on USA, UK, and Japanese National standards.
  • Our school day has been extended to include eight classes in order to cover the instructional standards of USA, UK, and Japan. Thus learning time in our school is two classes per day more than the six classes typical in an American school day. Furthermore, the time scheduled per week for English, Math and Physical Education instruction is about fifty percent greater than the time at most American, Japanese, or other International Schools. Additionally, Japanese language instruction is designed to be as much or even more than that provided by Japanese Elementary Schools in Japan.
    Japanese class will take place every day and will be customized to each individual student's level. Physical Education classes will also take place every day and will utilize our on-site swimming pool, indoor gymnasium, and outdoor play area

Middle schoolJpaanese

Our middle school program adopts the American Common Core Curriculum. The Common Core focuses on developing both academic skills as well as life skills, such as effective communication and public speaking. We are in the process of implementing the IB Middle Years Programme in order to facilitate the passage to our high school division and later to university.

High School (Grand Opening 2018)Jpaanese

Our high school division will adopt the IB Diploma Programme, providing the students with a learning environment that will allow them to enroll in a number of international universities. Our program will adopt a variety of approaches towards learning, effectively enabling the students who wish to continue their studies abroad to successfully do so.

Educational Policy and ApproachJapanese

Educational Policy

The goal of our school is to develop confident and independent children who are respectful, contributing members of the global community.

Main Subjects and Concrete Approach

We try to keep a balance in the way all subjects are taught to our pupils; however, we also give special attention to the following points:

1. Language (English, Japanese)

Since language skills are essential for people to integrate smoothly into social life, one of our school’s main focus is to help children develop strong English and Japanese skills. Dual language skills will help children to communicate in an international environment, and Japanese will be particularly helpful to foreign children living in Japan. It is important not to forget that in addition to learning a new language, the study helps students understand different cultures and lifestyles.
In order to provide efficient English learning and create an international environment in our classes, approximately 30-40% of our students are native speakers of English. On the other hand Japanese lessons are provided daily in our Elementary division and activities and curricula are diversified according to the level of each student.
When creating our curricula, we also try to keep a good balance in the development of speaking, reading and writing skills as experience also taught us that students with good reading and writing skills have less difficulty in concentrating and doing deskwork.

2. Physical Education

Physical education is a fundamental subject in children’s school life as it is not only a means of training their bodies and conduct a healthy lifestyle, but also a natural and efficient way of teaching them the importance of teamwork. Through physical education, children will also learn how to challenge themselves and put effort in their work.
Main disciplines taught at school are gymnastics, swimming, ball games (tennis, soccer, basketball, and rugby), ballet and hip hop. The latter are given a special focus as they help children express their own emotions and feelings by moving their bodies.
Despite the young age of our students, our objective is to have them master the subjects to a level that allows them to enjoy learning and practicing.
Specialist instructors provide efficient learning of each physical activity that leads to confidence building. One of our goals is also to help children understand the importance of physical education in one’s life as well as the positive effects that physical education provides to language learning and the creation of good relationships with other people.

3. Mathematics

People with good mathematic skills can quickly solve problems, be entrusted with various tasks and be capable of challenging themselves in a wide variety of jobs.
Therefore, we believe that these skills can help children find confidence and motivation to challenge themselves while pursuing academic and professional goals.

4. Music

Music is one of the subjects which can help and support individuals throughout their life through good times and bad.
Our pupils practice keyboarding skills starting in Kindergarten and also learn to read music scores at elementary school. Upper level students can also practice not only keyboards, but also ukulele (guitar) and drums. As explained in the Physical Education chapter, each educational goal is maintained and reinforced until thoroughly mastered, avoiding quick but ineffective learning.
One important goal is to teach children how to read simple music scores, create songs and play instruments by the time they graduate elementary school. It is also important to remember that music can be a precious means to improve language learning.

5. Presentation and Performance Skills

A number of annual events take place at our school whose aim is not only to have pupils enjoy communal life, but also learn how to boldly perform in front of a large number of family members and friends. We believe that holding events can teach our pupils self-esteem and other important experiences cannot be obtained during regular lessons in a classroom. Surely a lot of time is required for them to practice; however, this also improves learning and culture interchange. Developing a strong ability to talk and perform in front of people is also an essential life skill.

Efficient Lesson Time Arrangement

Content and time of each subject for the elementary division are decided based on American standards and the directions from the Japanese Ministry of Education. Similar guidelines are taken into consideration for the Kindergarten division as well.
Because our school does not have long holidays, we offer more school days than other International schools in order to have enough time to reach the above mentioned education goals and to provide adequate professional development days.
However, a good balance in arranging the number of lessons for each subject is essential to improve students’ learning as it is essential to give special focus to the subjects and the objectives that are part of each student’s cognitive and psychomotor development.

Lesson contents and curriculum

After establishing an efficient time schedule, it is essential to set not only concrete goals and contents for each subject, but also the way these are being taught to children.
When teaching music or P.E., it is important to give children enough time to master each skill. Teaching many skills in a short time is proven to be ineffective, and might eventually make the children dislike the subjects they are trying to learn; therefore, in the case of music, we find it important to have children learn how to play an instrument instead of just listening and appreciating music.
To accomplish this goal, teachers have regular meetings to make sure that lesson time is being used in an efficient and appropriate way.

Creating an enjoyable environment for children

We believe in the importance of creating an enjoyable and stimulating learning environment where our staff is constantly working on improving our facilities and education plans in order to create an enjoyable environment that facilitates children's learning.

Averting Bullying

Children who are skilled in many areas tend to have a positive attitude toward life and know how to challenge themselves and they also develop strong and caring relationships. On the other hand, children with low self-esteem tend to be afraid of socializing with others and are often victims of bullying. It is not an exaggeration to say that helping children develop self-esteem and the ability to succeed in what they do is the same as contributing to the creation of a caring society without bullying.

International Accreditation

Our school obtained the international accreditation by becoming a member of AdvancED (the North Central Association Commission on Accreditation and School Improvement) .
The school is currently a member of the International Primary Curriculum (IPC) and the Tokyo Association of International Preschools (TAIP).
IB (International Baccalaureate) accreditation is planned by the school for the school year 2018-2019, making the school recognized at an international level.

Cultural Exchanges and Exchange Programs with Other Schools

For children joining the Elementary school, our school tries to have as many cultural exchange programs as possible both with the regional community and students from the American military base living in Japan.
Enrolled in our schools are many students from the Yokota military base, making continued cultural exchanges possible. Currently exchange programs with students from nearby elementary schools are also routinely scheduled.

Accreditation and MembershipJapanese

Accrediting Commission for Schools Western Association of Schools and Colleges (WASC) candidate school
Japan Association of Supervision and Curriculum Development (JASCD) membership
International Primary Curriculum (IPC) membership
Accredited by AdvancED

On October 18th, 2013 our school has been officially accredited as an International School by AdvancED, the largest school accreditation organization in the USA. Thank you very much for your precious cooperation and please keep supporting us in our efforts for an increasingly further improvement.

We are pursuing authorization as an IB World School

Tokyo West International School is a candidate school for the Middle Years Program.
This school is pursuing authorization as an IB World School. These are schools that share a common philosophy—a commitment to high quality, challenging, international education that Tokyo West International School believes is important for our students.

School HistoryJapanese

April 2004
  • Opening of Kunitachi Kids International School in West Kunitachi, Tokyo
April 2005
  • The school transfers to Fujimidai, Kunitachi, Tokyo with the name of Kunitachi Kids International Kindergarten
  • Start of school bus service to/from Yokota air base
  • The school becomes the first member of Tokyo Association of International Preschools (TAIP) in Tama area
April 2010
  • Tokyo West International Elementary School opens in Shibasaki, Tachikawa, Tokyo as the elementary division of Kunitachi Kids International.
November 2010
  • The school moves to Sunagawa, Tachikawa, Tokyo and changes its name to Tokyo West International School
October 2013
  • Kunitachi Kids International School and Tokyo West International School are accredited by AdvancED, the largest school accreditation organization in the United States
April 2014
  • Tokyo West International School becomes a candidate for the International Baccalaureate Middle Years Programme (IB MYP)
April 2015
  • Tokyo West International School moves to the current Umetsubo campus in Hachioji, and opens its middle school and kindergarten divisions
  • At the moment, about 340 students are enrolled at Tokyo West International School and its sister schools (Tokyo West: 250 students and Central Forest: about 90 students) and study under the guidance of 50 teachers and staff members.

FacilitiesJapanese

Tokyo West International School Grade 1 to Grade 7 moved to the new campus in Hachioji. High School will be also opened.

  • 20 classrooms
  • library
  • music room
  • science room
  • 2 gymnasium
  • artificial grass playground with 100m running track
  • heated swimming pool (25m)
  • cafeteria
  • Wooden deck rest area
  • kindergarten playground
Hachioji campus Hachioji campus Hachioji campus Hachioji campus Hachioji campus Hachioji campus Hachioji campus
私たちの学校について

ごあいさつEnglish

Hachioji campus

東京ウエストインターナショナルスクール(TWIS)のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。本校は東京都八王子市に位置し、都会の喧騒からは離れた、田園風景の広がる木々に囲まれた地域にあります。学校に隣接する学校農園や25m温水プール、体育館、運動場も完備しており、設備の整った教室や図書館、理科室など、子ども達の好奇心に答えることのできる環境を整えています。また本校は、多様性のある生徒達と世界各国から集まった教職員により、国際色豊かな学校となっております。TWISでは、世界市民を育成するために最も適した教育を提供し、生涯に渡って学び続けることのできる子ども達を育成しています。

TWISは2010年に開校して以来、ここ数年の間に、250名以上の生徒が学ぶ学校へと発展いたしました。開校から現在までの期間に、USA学校認定団体のひとつであるAdvancEDより、国際学校として認定されました。現在はWASC認定を受けるための準備を整えており、更には国際バカロレア(IB)の前期中等教育課程(MYP)の候補校となっております。また、今後数年の間に、PYP、MYP、DP全てを提供することのできるIBスクールとして認定を受ける予定です。本校は、伝統的な価値観を尊重しながらも、新しい教育理念を取り入れ、常に発展を続けています。

TWISは、革新、発見、そして達成の上に成り立っております。本校では、小規模ではあるものの国際的な環境の下、世界に通用するレベルの教育を提供しております。確固たる教育プログラムと行き届いた学校設備、そして本校の生徒と保護者の皆様との連携の下、東京ウエストインターナショナルスクールは国際的教育を牽引する存在となっております。

中等部校長 モーテン・ヴァテン

設立の目的English

1: 日本に居住する外国人の子弟が、母国語(英語)を使用して小・中・高等学校課程のすべての教科を学び、かつ日本の学校卒業とほぼ同程度の日本語能力を身につけること。日本語のみならず、日本文化を体験することにより、異文化を理解し、受け入れることのできる人間となること。

2: 日本人の子弟で、キンダーガーテンを卒園したものが、その後の小・中・高等学校課程を英語ですごし、世界に通用する英語力を身につけること。さらに、真の意味で自国・他国文化を理解し、将来、国際社会で活躍できる人間となること。

ミッション・ステートメントEnglish

私たちは、自らのため、また世界のポジティブなリーダーとなるために努力します。

LEAD: Learn(学ぶ) Empower(力を尽くす) Achieve(成し遂げる) Dream(夢を叶える)   
夢を持つということ: 当校のスローガンLEADについて

日本サッカー協会のスローガンの一つに、”夢があるから強くなる”というすばらしいものがある。夢(目標)を持つことによって、人はその夢に向かって学び、努力しようとする。そして、その夢にたどり着くには、多くの困難や障害があり、それを乗り越えていくと、より力がつき、たくましくなっていく。夢は生涯、変わらないこともあり、何度か変わることがある。しかし、大切なことは、いつも自分の心の中に、自分なりの夢を持ち続けることである。

私たちは、学校というものは、子どもたちにとって、それぞれの将来の夢を実現させるために、彼らの基礎能力を引き出し、高めていく場であると考えている。実際の社会に出て行く前に、いろいろ経験し、失敗し、改善し、目標を達成していく喜びを味わう学びの場である。失敗しても、その原因を考え、改善し、またトライする。失敗から学ぶことが許される場なのだ。

私たちの学校のスローガン:LEADは、まさに、このような子どもたちの夢を実現させるための学びの環境を、すべての子どもたちに提供したいという考えの現れである。

L:Learnは、学校でいろいろな学科目、スポーツ、音楽、イベントを体験し、技術や知識を身につけること。

そして、E:Empowerは、Learnで学んだ知識や技術を利用して、自ら問題点を見いだし、それらの解決策を考えられること。または、全く新しい何かを生み出していく力をついけること。このためには、問題発見能力、独創的な問題解決力、周囲とのコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力が必要だ。人間はひとりでは生きられない。周囲の人たちの意見を聞き、コミュニケーションをとり、その人たちの存在に感謝していけば、人間は周囲のサポーターから何百倍もの夢へ向かうパワーをもらうことができるだろう。

A:Achieveで、ひとつひとつのことを成し遂げて、D:Dream将来の夢に近づいていくことで、人は強くなり、他人や異文化を理解し、尊敬し、思いやることができると私たちは考えている。

そのために、私たちの学校では、他では体験できないような多くの学科目、スポーツ、音楽、イベントを子どもたちに提供している。そして、私たちは、Empowerとなる部分に特に力を注ぐよう努力している。どうすれば、多くの問題点や改善点を、子どもたち自らが見出していけるようになるのか。どうすれば、全く新しい独創的なアイデアを打ち出していけるようになるのか。どうすれば、周囲の人たちとより良くコミュニケーションして、周囲を理解し、意見をまとめ、チームとして最終的なプランを描けるようになるのか。どうすれば、周囲の人たちとより良くディスカッションして、周囲に自分たちのプランを理解してもらい、協力してもらえるようになるのか。このようなEmpowerの要素を、各教科、授業、イベントの中に、具体的にどのように取り入れていくかが、実際の授業をすすめる上で、きわめて重要なことである。

それでは、Empowerの要素を取り入れた授業とは、いったい如何なるものなのだろうか。たとえば、算数の授業を例にとってみよう。算数では、解答を導き出すやりかたは、通常、複数存在する。答えが合っているのか否かのみを追求するのではなく、答えを導き出すいろいろなプロセス(考え方)を発表しあい、それに対する意見を出し合うという時間をとることによって、考えさせる教育が可能になる。これをグループ発表にすれば、コミュニケーションやプレゼンテーションの練習になる。同じ答えを求めていても、異なったプロセス(考え方)を知ることはきわめて重要だ。

簡単な理科の実験でも、まず、仮説を立てることからはじめる。そのために、どうすればその仮説を証明できるかを考える。最初から手順を示すのではなく、手順そのものを考えさせる。そして、もし実験がうまくいかなければ、どこが悪かったのかを考え、再度、実験をやり直させてみる。実験をおこなう技術を身につけることはもちろん大切だが、どういう実験をすれば良いのか、そのプロセスを考えさせることはより重要である。

Language Art(英語)やJapanese(日本語)の言語関連授業では、多くの良い本を読み、書かれているものを音読することが、コミュニケーション、プレゼンテーション力の強化におおいに役立つ。これは、当校が特に力をいれていることの一つである。音読により、言語の能力そのものや、日本語では漢字の能力さえも向上すると言われている。しかし、もっと重要なことは、音読によって、より論理的な思考ができるようになり、説得力のあるわかりやすいプレゼンテーションが可能になるということである。

社会科においては、現代民主主義社会における選挙制度の授業を例にあげることができる。私たちの社会では、いろいろな場面で、選挙によって代表者を選ぶことが当たり前になっている。でもその前に、なぜ選挙というものが必要なのかを自由にディスカッションさせてみる。こうすることによって、いろいろな事象に常に疑問を持ち、物事をより良く改善しようとする能力が自然と養われていくことになる。各国の選挙制度や、それが始まった年代、大統領や首相の名前を覚えることはある程度必要だが、制度そのものの意義を考えることのほうが、はるかに重要である。

Empowerの要素をとりいれることは、遠足や運動会、クリスマス会などのイベントでも工夫しておこなうことができる。例えば、スノーケリングツアーで海に出かける。もちろん楽しくスノーケリングの技術を学び、安全に海のレクレーションをおこなうことは重要な目的の一つだ。けれど、海に着いたとき、最初に子どもたちはどんな印象をもつだろうか。海って、なんて青くてきれいなのだろう。でも、どうして海はこんなに青く見えるのだろうか?白い砂浜にたくさんの貝殻。でも、なぜここの砂浜はこんなに白いのだろうか?ひょっとして、多量のゴミに驚くかもしれない。どうしてこんなに砂浜にゴミがあるのだろうか?どんなゴミがあるのだろう?ゴミはどこからくるのだろう?けっこう波があるのに、どうして魚は自由に水中を移動できるのだろうか?自分たちは、水の中で息が苦しいのに、どうして魚は苦しくないのか?自分たちが違う環境に置かれたとき、子どもたちは普段感じたことのない印象を強烈に抱くものだ。その印象を大切にし、興味を導き出していくと、自然と、科学や環境学に興味を持ち、もっともっと知りたいと思うようになる。

私たち教職員は、このようにEmpowerの要素を、子どもたちが楽しく興味を持って身につけられるよう努力しなければいけない。つまらない授業は教員の責任である。子どもたち全員の目がキラキラ輝くような魅力ある授業を常に心がけなければならない。そして、もう一つ重要なことは、上手くできたときに、おおいに子どもたちをほめて自信をつけさせてあげることである。これにより、子どもは無限の可能性をもって驚くほど成長する。

今まで述べてきたことは、もちろん学年によって、どこまでどのように導入するかは異なっている。しかし、楽しみながら自然に考えさせる授業をおこなっていくという原則は、全く共通しているものである。

私たちは、カリキュラムのベースとして、幼稚部・小学部では、すでにIPCを導入し、中学部以降は、IBを導入していく予定である。両カリキュラムとも、テーマや問題点を自ら考えさせ、ディスカッションやプレゼンテーションを重視している点で、当校の教育方針、理念に合致しているからである。IPCでは、複数の教科をまたがるようなLearn(学び)を効果的におこなうことができ、IBでは、自分でプランを立てて物事を実行し、その結果を実証するような実習をおこなうことができる。

LEAD:いろいろな知識・技術を学べる環境(Learn)。自ら問題点を見つけ解決し、全く新しい考えを創り出し、周囲とのディスカッション、プレゼンテーションを通して、チームとして物事を達成していくプロセス能力(Empower)。これらがしっかり子どもたちに備わってくると、一つ一つの物事を成し遂げていく(Achieve)ことが可能となる。プランし、実行し、結果を検証する。失敗点があれば冷静に考え、修正した上で再びトライする。

私たちは、すべての子どもたちが、困難を乗り越えて、自分の夢(Dream)に近づき、いつかその夢を達成することができると信じている。また、子どもたちがそのような人間に育つように、常に考えさせる教育の場を、ハード面・ソフト面ともに創りあげ提供することが、私たちの存在意義であり、使命でもあると確信している。それには、教職員のみならず、保護者の皆様のご協力が不可欠であると考えている。

概要および特色English

幼稚部English

子どもたちが楽しく体づくりや学習ができる最善の環境を整えています。

クラス編成:3クラス制 NEW

2017年度は3クラス制(3歳児クラス、4歳児クラス、5歳児クラス)となります。なお、2017年9月より2歳児クラスが新設されます。

        
  3歳児クラス 4歳児クラス 5歳児クラス
定員:各クラス20名 20名 20名 20名
専任教員:6名 3歳児担当教員 4歳児担当教員 5歳児担当教員
2名2名 2名

カリキュラム NEW

2017年度より特に英語、算数、体育、音楽、アート・クラフトに、より重点を置きます。
体育、音楽、アート・クラフトは、各専門分野の幼児教育専門家が授業を担当し、各クラスのアシスタント教員が一緒にサポートします。特に体育は、砂場などの外遊び(自由遊び)とは別に、運動神経を伸ばす幼児専用カリキュラムをおこないます。

1. 英語

日本語のクラスを除きすべての授業は、英語でおこなわれます。特に発音、コミュニケーション能力を身につけることに注力します。

2. 算数

四則演算だけでなく、重量・体積、長さ・距離、時間、同形・異形などの集合についても幅広く学びます。週5コマ(1回30分程度)

3. 体育

体操系・球技系あわせて週5コマ(1回30分程度)夏期のみ合わせてスイミングの授業をおこないます。週2コマ(1回30分程度)

  • 体操系(マット、鉄棒、跳び箱、なわとび)週3コマ(1回30分程度)
  • 球技系(投げる、受ける、走る、飛ぶからサッカー・ドッジボールなど)週2コマ(1回30分程度)
4. アート・クラフト

工作も含めて楽しくものづくりをおこないます。週2コマ(1回30分程度)

5. 音楽

キーボード、リトミックのほか、4歳児からはキッズドラムなどの打楽器、5歳児からはウクレレなどの弦楽器を授業に取り入れる予定です。週4コマ(1回30分程度)

  • それぞれのクラスの年齢別の年間カリキュラム、到達目標などは、2月末までに保護者の皆様に発表する予定です。
  • あくまでも無理なく楽しみながら、自然にいろいろな能力が身に着くように授業をおこないます。
  • 2016年度からは、幼稚部単独で、体育や音楽の発表会、美術の作品発表会、八王子市内の老人ホームへの訪問などを精力的におこなう予定です。
  • 2016年4月より、校舎3階に幼稚部専用室内体操場を開設します。

幼稚部の教育目的 NEW

わたしたちは、子どもたちが、将来、自分の力で問題点を見出し解決していく能力、豊かな心を持ち、自身の人生を楽しみ、家族、友人、その他多くの人たちを大切に思う気持ち、を持つ人間になってほしいと願い、教育をおこなっております。

教育方針と重点科目 NEW

幼稚部では、まず基本的なあいさつ、マナーを含めたライフスキルを学びます。自分で考えながら、自分でやってみること、この姿勢が徐々に身につくようサポートしてまいります。ご家庭とのより良いコミュニケーションに努め、子どもたち個人の個性や人権を尊重しながら、子どもたちが心から楽しめる教育環境を提供できるよう改善を続けます。

 

重点科目として、英語(日本語)、算数、体育、音楽、美術にフォーカスしています。コミュニケーションの基礎となる言語、将来の社会生活に不可欠な数理能力は、幼稚園の年齢から小学校低学年までに、そのほとんどが決まると言われています。特に言語を聞き取る耳の能力は、この時期を逃すとその習得に多大な時間を要すると指摘されています。このため、当園では、英語と算数の授業を毎日おこないます。基本的に、日本語の授業を除き、授業はすべて英語でおこなわれますが、英語という授業では、発音、聞く、話す、読む、書くという言語の基礎をしっかりと身につけます。

 

当園のもう一つの大きな特色は、体育、音楽、美術にフォーカスしていることです。それぞれの幼児教育の専門家が、各クラスルームの先生と協力しながら授業をすすめます。

体育は、自由時間に体を動かすこととは別に、体操系(跳び箱、マット、鉄棒、縄跳びなど)と球技系(大きいボールと小さいボールを投げる、受ける、そして簡単なサッカーやバスケット、ドッジボールなどのゲームを楽しむ)にわけて毎日おこなわれます。自然に、体幹や敏捷性を養うための遊びをどんどん取り入れて授業を進めます。夏には、午後の自由時間を使って、水泳のレッスンをおこないます。

音楽に関しては、現在、アメリカでもっとも人気のあるメソッドの一つを取り入れながら、キーボードや打楽器に親しみます。自然に音感、リズム感が身につくように指導します。また、音楽に合わせて体を動かすリトミックのレッスンも毎週おこなわれます。

美術に関しては、絵画と工作をバランスよく取り入れ、楽しく個性をのばす指導を心がけます。特に自然の題材を多く取り入れながら、美的感性を養成していきます。

運動会、体操発表会、音楽会、展示会、市内施設訪問発表会など、これらスポーツ・芸術分野のイベントをできるだけ多く実施していく予定です。

これらの体育、音楽、美術の基礎能力も、幼稚園の年齢から小学校低学年までにその多くが決まるといわれています。また、体育、音楽、美術は、言葉を超えるコミュニケーションツールともいわれています。将来、多くの仲間を得る、積極的に生きる力を得る、困難を乗り越える力を得る、独創的でわくわくする発想力をつける、そして、何より生涯を通して、スポーツ、芸術を楽しんで、心豊かな生活、人生を送ることができる能力を身につけることは、人が社会の中で生きていくために、とても重要なことです。繰り返しになりますが、これらの能力を習得するには、幼稚園から小学校低学年までの時期がもっとも有効と考えられています。

毎日、登園することが楽しい、お友達との遊びやいろいろなレッスンが楽しい。私たちは、子どもたちの、この楽しいという感覚を大切にしながら、彼らが将来の糧となるたくさんの知識・能力を身につけられるよう、教育環境や内容の改善に日々努力をしていきたいと考えています。

小学部English

日本の小学課程指導要綱および、アメリカ、イギリスの標準教育カリキュラムに基づき、日本語、英語、数学、科学、社会学、体育、美術、音楽などの授業をおこないます。

毎日、日本語、英語、数学、体育のクラスがあります。
体育クラスは、当校室内体操場および校庭、スイミングプールを利用しておこなわれます。
なお、上記3カ国すべてのカリキュラムを満たすため、毎日8時間授業をおこなっています。
平均的なインターナショナルスクールに比べ、英語、数学、体育の年間時間数は1.5倍以上、また、日本語の授業時間数は、日本の小学校と同等以上となっております。

中学部English

米国標準カリキュラムを中心に、学力だけに偏ることなく、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力などの社会的能力の育成を目指した授業を行っています。また、高等学部への学内進学や、その先の大学進学を視野に入れて、IBの中等教育プログラム(MYP)の導入に向けた取り組みを進めています。

高等学部(2018年開校予定)English

IBのディプロマ資格(DP)を採用し、国際的な大学入学資格取得を可能にするための教育環境を整えます。世界中の大学を進学先の一つとして選択できるように、多様性のある学習指導を目指しています。

教育目標と具体的なアプローチについてEnglish

教育目標

当校の教育目標は、自分に自信を持ち、何事にもチャレンジしようとする前向きな人間を育てること、そして、人種や宗教を超え、他人を理解し、思いやることのできる国際人をそだてることです。

重点教科と具体的なアプローチ

そのために、全生徒は各教科をバランス良く学んでいくのですが、当校として特に重点を置いている教科があり、それは次のとおりです。

1. 言語(英語・日本語)

社会生活を円滑におこなうことは、人間が生きていくために必要不可欠なことです。国際人として自由にコミュニケーションできる英語、日本人もしくは日本に生活する外国籍のかたにとって重要な日本語、これらは、第一の重点教科です。しかし、言語は生き物であり、いつもその背後には文化を伴っていることを忘れてはなりません。言葉を習得することは、異文化を知ることの第一歩であるともいえるのです。
次に、言葉は、常にコミュニケーションの手段でしかありえないということを自覚しなければなりません。言葉を習得することが最終的な目的ではなく、それにより何をするか、何ができるかが重要なことです。
このような観点から、当校では、文化を伴った国際語である英語の習得を効率的におこなうため、生徒の30-40%を英語を母国語とする生徒の比率と定め、この環境の保持に心がけております。また、当校小学部においては、毎日、日本語の授業をおこなっているほか、生徒のレベルに応じたクラスわけを実施いたしております。
また、英語、日本語とも話す能力のみでなく、書く・読む能力をバランス良く身につけていけるようにカリキュラムが組まれております。経験上、書く・読む能力が高い生徒は、机にすわり集中して学習することができるように感じます。

2. 体育

当校にとって、体育は非常に重要な教科のひとつです。体育は、体を鍛え、健康に保つばかりでなく、チームワークや他人を思いやる気持ちを、自然に身につけることのできるすばらしい教科です。そして、努力の大切さとチャレンジ精神をも養うことができます。当校では、体操や水泳といった全身運動と、テニス・サッカー・バスケットボール・タッチラグビーなどといった球技、さらにバレエやピップホップといった、音楽にあわせて人間の感情を体で表現をするダンス系の種目をバランス良く学ぶことができます。
異なった種目を毎日おこなうのはもちろんのこと、できるだけ通年をとおして、それぞれの種目を実施することを心がけております。中途半端ではなく、ある程度、楽しめるレベルにまで習得させることが必要です。それぞれの生徒が、各種目に自信を持ってチャレンジできるようにするためには、1ヶ月や2ヶ月で種目が替わる、つまみ食いのような指導ではいけないと考えております。
効率的な授業を提供するため、各種目は、専門のインストラクターにより実施されております。すべての生徒が、将来、生涯体育の楽しさと重要性に気づき、実践してくれることこそが私たちの願いでもあります。最後に、忘れてはならないことは、体を動かしながら語学を習得することは非常に効率的であるという点です。体育と言語習得とが相乗効果をもたらします。

3. 算数

子どもたちが大きくなり、やがて社会に出たとき、数理能力は非常に多くのメリットをもたらします。数理処理能力の高い人は、正確に早く仕事を処理することができ、より多くの仕事をまかされるチャンスに恵まれます。そして、チャレンジしていく仕事の幅も広がります。これは、すなわち将来自分がほんとうに携わりたい仕事を見つけ出し、それにむかって突き進む自信と原動力を与えます。

4. 音楽

音楽は、人が生きていく上で、多くの手助けをしてくれるすばらしい教科のひとつです。特に、苦しいとき、悩んでいるときに、何かしらの曲に励まされた経験は誰にでもあることでしょう。当校では、幼稚部で毎週キーボードを練習し、小学部では、キーボードに加え簡単な楽譜が読めるように指導していきます。小学部高学年では、キーボードに加え、ドラムやウクレレ(ギター)といった楽器を練習します。これは、体育の項目でも述べましたが、つまみ食いの教育では、卒業時に実質的にほとんど何も身についていない、という教育理念に基づいているからです。小学部卒業時には、簡単な楽譜が読め、自分で曲が創れ、演奏が楽しめるまでの能力を身につけさせることが目標です。そして、音楽もまた、語学習得のために多くの効果をもたらすことも忘れてはなりません。

5. プレゼンテーション、パフォーマンススキル

当校の場合、年間いくつかの大きなイベントがあります。これらのイベントは、生徒同士みんなで楽しむという目的のほかに、実はもっと大きな目的があります。それは、たくさんのお友達やご家族の前で、堂々と自分のパフォーマンスを披露することです。もし失敗してもそれは次回への改善につながります。成功すれば大きな自信になります。これは教室で学習するだけでは経験できない多くのメリットをもたらします。確かに、これらのパフォーマンスを披露するには、少なからず練習の時間を必要とします。しかし、これらの練習の時間からも効率的な語学習得や、異文化体験がおこなわれているのです。このように人前で堂々と何かを発表できる能力は、将来、社会に出たときに非常に大きな力となります。

効率的な授業時間比率の設定

どの教科を、どの内容で、どのくらいの時間学習するかは、小学部生以上の場合は、アメリカンスタンダードや文科省教育指導要綱(日本)により定められております。また幼稚部の場合も、これに準じたガイドラインが定められております。当校を含め、多くのインターナショナルスクール、キンダーガーテンは、多かれ少なかれ、これらのガイドラインを参考にしながら年間の授業スケジュールを組み立てています。当校の場合、ほかのインターナショナルスクールやキンダーガーテンに比べ、年間授業日数が多い(長いお休みが少ない)のは、標準的なガイドライン教科に加え、上記でご説明した重点教科へ多くの学習時間が必要になるからです。しかし、それでも年間の授業時間は限られており、どの科目にどのくらいの時間を使うかが、私学にとってその特色を反映するひとつの要素となります。たとえば、昨今、日本のある私立小学校で、古文・漢文に多くの時間を費やし、おおきな話題となり志願者を増やしている学校があるといいます。古文・漢文を学ぶことで、漢字に強くなることや、日本古来の礼儀作法を知り身につけられるという利点があると、その学校の先生はインタビューでおっしゃっておられました。しかし、当校では、たとえば、このように古文・漢文を学ぶより、限られた授業時間のなかで、国際語である英語や正しい現代日本語を学ぶこと、その他、当校の重点教科である算数、体育、音楽を重点的に学ぶことのほうが重要と考えています。古文・漢文が過去に存在し、どのようなものであったかを学ぶことは必要ですが、もし一定以上の時間をそれに費やすとすれば非常にもったいないことではないでしょうか? 限られた授業時間をどの教科に振り分けるかは、特に私学にとって、どのような人間を育てようとしているのか、というその学校の存在意義に関わる重要なことなのです。当校では、将来の、自立した思いやりのある国際人を育てるためにより重要と思われる重点教科にフォーカスした授業時間配分を実行しています。

授業内容とカリキュラム

授業時間配分が決まると、次に重要なことは、その科目の中で、どのような具体的な内容(WHAT)を、どのように(HOW)教えるかということです。せっかく、効果的に授業時間を配分しても、教える内容や教え方が良くなければ何も効果がでてきません。たとえば、体育や音楽については、数ヶ月ごとに変わるつまみ食いのような内容では、ほとんど身につきません。これは、学校の体育で水泳を習ったにもかかわらず、実際には、近くのスイミングスクールに通わなければ泳げるようにならなかったり、音楽を習っても、近くのピアノ教室に通わなければ簡単な楽譜すら読めず、ピアノも弾けないという状況がすべてを物語っています。クラシックの音楽鑑賞が悪いとはいいませんが、その時間を音楽として使うなら、キーボードを楽しく弾けるように授業展開していくのが教育機関の役割ではないでしょうか。
せっかく体育や音楽に時間を割いても、体育嫌いや音楽嫌いの生徒をつくりだしているとすれば、このような授業をおこなっている意味はまったくありません。
言語(英語・日本語)、算数、理科、社会、アートといったほかの教科でも、どのように効果的・効率的に授業をおこなっていけるかは、生徒の貴重な時間を有効に使うために、教職員が一丸となって考えなければならない重要なテーマです。

生徒を楽しませる環境と工夫

無理やり押し付けられたことは、長続きせず身につきません。楽しんで、興味をもって自然に学び覚えたものはほんとうに身につきます。スタッフ・教員が協力し、このような環境に少しでも近づけるよう、できるだけ体験型の授業を展開しています。また、限られた施設ではありますが、教育環境整備、改善を常に心がけております。

いじめの根絶

多くの得意科目を持つ子どもたちは、何事にも自信を持って取り組むようになり、チャレンジし困難を克服していくようになります。そして、ほかの子どもたちを思いやる気持ちが芽生えます。逆に、何事にも自信を持てない子どもたちは、引きこもりがちになり、他人を思いやる余裕などなくなります。さらにいじめの対象になってしまう可能性があります。子どもたちに、何でもできる自信(選択肢)を与えることは、思いやりにあふれ、いじめのない社会を実現することと同じといっても過言ではありません。

国際学校認定について

当校は、現在、アメリカ合衆国最大の学校認定機関のひとつであるAdvancEDより、国際学校として認定されております。このあと、2018-19年度を目標にIB(インターナショナルバカロレア)学校認定取得に取り組んでおります。AdvancEDの学校認定は、アメリカの私立学校と同等の資格であり、IB認定は、日本を含めた世界的な私立学校と同等の資格と位置づけられております。

在日米軍基地、地域社会との交流

特に小学部以上の生徒に対しては、横田基地の子どもたちとのスポーツ・文化交流を積極的に進めます。また、近郊の日本の小中学校との交流もおこなっております。

海外学校との交流

小学部生以上の生徒に対しては、海外現地校との交流に関しても、機会があれば積極的に取り組みます。

全米統一学力考査への参加

小学部高学年(4年生以上)の生徒に対しては、在日米軍基地内の小中高等学校を含め、全米本土で実施されている統一学力考査へ参加し、学力の評価・向上につとめております。

教育課程と認定についてEnglish

ジャパン カリキュラム開発・監修機関
(JASCD : Japan Association of Supervision and Curriculum Development)メンバーシップ
国際初等教育カリキュラム
(IPC:International Primary Curriculum)メンバーシップ
北米学校認定機構(AdvancED)より認定

当校は、2013年10月18日、USA最大の学校認定機関AdvancEDより、国際学校として正式に認定されました。

IB(国際バカロレア)プログラム導入準備中

当校は、IB(国際バカロレア)プログラム(2017年度の中学部からの導入)に関し、2014年4月1日、正式に導入候補校となりました。 将来のIB認定に向けて、本格的にIBプログラムの導入準備を進めております。

米国西部地域私立学校大学協会
(WASC : Accrediting Commission for Schools Western Association of Schools and Colleges)認定 候補校

学校沿革English

2004年 4月
  • 東京都国立市西に「くにたちキッズインターナショナルプリスクール」を開校。
2005年 4月
  • 東京都国立市富士見台に校舎を移転するとともに「くにたちキッズインターナショナルキンダーガーテン」を新設。
  • 米軍横田基地へスクールバスの運行を開始。
  • 多摩地区で初の東京プリスクール協会(TAIP)のメンバー校となる。
2010年 4月
  • 東京都立川市柴崎町に「くにたちキッズインターナショナルスクール」の小学部として「東京ウエストインターナショナルエレメンタリースクール」を新設。
2010年 11月
  • 東京都立川市砂川町に校舎を移転し、「東京ウエストインターナショナルスクール」に校名を変更。
2013年 10月
  • 「くにたちキッズインターナショナルスクール」と、「東京ウエストインターナショナルスクール」がアメリカ国際教育カリキュラム認定機関AdvancEDより国際学校として認可を受ける。
2014年 4月
  • 「東京ウエストインターナショナルスクール」が国際バカロレア機構(IB)MYP候補校となる。
2015年 4月
  • 八王子市梅坪町に「東京ウエストインターナショナルスクール」新校舎を竣工。あわせて中学部・幼稚部を新設。
  • 姉妹校を含む全生徒数は約340名(東京ウエストインターナショナルスクール:約250名、セントラルフォレストインターナショナルスクール:約90名)、教職員数は約50名となり、現在に至る。

施設English

東京ウエストインターナショナルスクールは、中学部開設と併せて八王子新キャンパスへ移転しました。今後は高等学部を開設予定です。

  • 普通教室20
  • 図書室
  • 音楽室
  • 理科室
  • 体育館2
  • 人工芝校庭(100Mランニングトラック併設)
  • 25M温水プール
  • カフェテリア
  • ウッドデッキ
  • 幼稚部園庭
Hachioji campus Hachioji campus Hachioji campus Hachioji campus Hachioji campus Hachioji campus Hachioji campus
Return to top